So-net無料ブログ作成
検索選択

ニュースで言ってるんだけど、侵略・反省・お詫びの文言は必要なのか?70年間同じことでいいのか? [ニュース]

どうしたら日本は先に進めるんだろう?

日本中がお詫びして反省するってこと?そもそも戦争反対って今の日本人にとっては当たり前のことなんだよ。生まれた時からそういう国で生きて来た。日本は核も持たないし、戦争は放棄したんだと。お詫びして生きろとは教わらなかった。

戦争かあ。

そもそも、今も当時も戦地に行ったことのある政治家っているのか?政治家は本当に戦争を分かっているのか?そもそも戦争をやるぞ!って世の中を煽ったのは誰なんだ?昭和史は隠されていることが多すぎる。だから興味が湧くんだけど。

戦争に負けて、直後に戦争をしない国になった日本。その時に新しい日本人は、直前の、戦争をしてた時の日本の指導者に対して、過去の日本人に対してちゃんと怒らなかったんじゃないのか?

何で戦争なんか始めたんだ!
勝てないって分かっていたそうじゃねーか!

ってさあ。

誰のために国民が死んで行ったのか。核兵器の犠牲になったのは、使ったアメリカではなく、軍人に責任があるんじゃないのか。俺は戦争で旦那を亡くした婆さんが、今、戦死した爺さんと遺影で並んでいる姿を見て、絶対に平和でいなきゃって思ってるよ。広島長崎で被爆した人達の遺族も、二度と戦争をしてはいけないってことを語っているよね。恨みつらみじゃなくて、戦争がいけないんだよっていうメッセージを語るよね。

戦争を始めたのは誰なんだ。

俺は思うよ。やっぱり戦争を始めた軍人、政治家を日本人が裁かなきゃダメなんじゃないかって。最近俺は靖国問題の根本はそこにあると思えて来たんだよ。東京裁判で裁かれて死刑になったA級戦犯が靖国神社に合祀されてることを、中国韓国には、反省してないって見えるのは当然なんじゃないかって。日本人は戦争したやつらを許してるのか?って誤解されても仕方ないよね。

戦後70年の8月6日。

野党の政治家もマスコミも、侵略・反省・お詫びの文言を平和宣言に求めているようだが、気になるのはそこ?そこなの?

先に進もうよ。何で国内がそこで揉める必要があるよ。平和に対しての思いが国内でも違うの?そこに与党も野党もないでしょうに。国内で揉めているのに、世界に対して平和宣言なんてあり得る?何を揉めてんだかって国会をやってるけどね。

そろそろさあ。覚悟を決めて、平和な世界に向かって外交をしようよ。平和を求める国なんだから、怒ってる国の言葉にもう一度耳を傾けてみようよ。後は何が必要なのかを聞いてごらんよ。

今の日本が、毎年毎年当事者扱いされなきゃいけない謂れはあるのか?ないだろうよ。未来の世代のことはよく語られるが、今の世代の日本人も、いつまでも当事者扱いされて困ってんだよ。

江戸時代が懐かしいよ。徳川に対して参勤交代していた時代が羨ましいよ。二年に一回各藩が江戸に皆でやって来るなんてね。日本が一つになってた感が感じられるよね。沖縄問題か。我慢って必要だよね。どこに基地があればいいんだ?うちは嫌ですってこと?アメリカ軍は撤退しろと?70年も日本に住んでるんだよなあーーー。どうしたらいいと思う?平和のためのアメリカ軍なはずだしね。

国内で平和のことを揉めているうちは、世界平和のことを語る資格ないよね。

政治家さんよ。なんとかしてくれ。日本はとっくの昔に平和ですよ。

世界で一番平和です。

政治家が政治してくれないから、情けないニュースが戦後70年いつまでも続くんだと思える。

そんなことを感じた2015年の夏。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

yuki

日本人のとりあえず頭下げちゃえ!的なところが悪い方へ向かってしまった例だと思います。

中国人や韓国人は謝ったから本当なんだってなっちゃう国だから。中国人は自分たちが日本人を大虐殺した写真を逆に自分たちが日本人が虐殺された写真として出し、ひどい国だとののしる。
日本人は自国民が虐殺されたんだけど、それについては向こうの国から謝罪があって条約を結んだ事で終わらせたけど、向こうの国は条約も結んでお金もいっぱい払ってるのにいつまでも言い続ける・・・。日本が言ったらまた謝るから。

過去の人たちがやった事で、過去の人たちで謝罪も済んでいるのだから、同じことを繰り返さないように今の人たちはしていけばいいだけのはずなのに・・・。おかしな話です。
by yuki (2015-08-07 11:45) 

仁志郎

コメントありがとうございます。
ホントにその通りですね。
by 仁志郎 (2015-08-07 18:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0