So-net無料ブログ作成

叱られたくないというのは、死に直結すると思うんだよね。 [日々感じること]

叱る人の心理を俺は知っている。心のどこかに

「危ねーじゃねーか!」

っていう思いがある。気を付けていないと危険があることに気が付いているか?人に怪我させるかもしれないし、自分も怪我するかもしれないし、下手したら死ぬよ?ってことを、大きな声で

「何をしてんだよ!」

の一言に込めているはず。叱られた側は、気が付いていないから、大きな声で怒られたと思うだけなんだよね。もっと小さな声で丁寧に言われれば分かるのにとか思っちゃうんだろうね。だから怒鳴られるんだよ。そんな悠長な状況じゃないの。

死ぬぞ!殺しちゃうぞ!は大きな声で「危ねー!」って言わなきゃいけない状況なんだよ。そのあとには必ず「大丈夫か?」って言われていることには気が付いてないんだろうなあーーーー。

今の日本人はのほほんと生きている人間が多過ぎて、生き死にの危機感さえ麻痺してしまっているんだなあ。だから子供が命を粗末に扱うんだよね。

犯罪を犯さないのも、悪いことをすると死刑だって、死ぬのは怖いことなんだって思うから罪を犯さないようにしなきゃって俺は思ってた
けど、悪いことしたってどうせ死刑にならないしって考える人間も多いんだろうと思う。特に子供ね。未成年で生き延びようとするむかつく奴等ね(笑)

殆どの人は叱られて反省することなんて出来ないみたいな気がする。だって何を叱られているのか分からないんだから。あの人何で怒ってんだろ?って思ってそうだよね。これじゃ駄目だ。

なんとも恐ろしい世の中だよ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。