So-net無料ブログ作成

戦争と虐待と権力と犯罪心理と小劇場と俺の野球。 [日々感じること]

最近、戦争に参加したある兵士が主人公のお芝居を見た。上官からの命令によって民間人を殺さなければならないというそんな時、どうすればよかったのか?人はなぜ人を殺せるのか?徴兵されるまでは善良な市民だったはずなのに。

善悪とは何か?
誰が悪いのか?
悩む人間が弱いのか?
罪はどこにあるのか?

そんなことを改めて考えさせられるテーマだったんだと思う。答えはない。

全ては戦争のせいだと片付けてはいけないことなの?戦後生まれの日本人は憲法で戦争をしないと誓った国に生まれて、もう戦争はしませんと言うことしか武器がなく、戦争の非を誰に謝ればいいのかは、国と国の話だから深く立ち入る訳にもいかず。何故なら、もう戦争はしないので仲良くしてくださいと言えれば十分だからです。その先の話は政治家に任せるしかない。目に見えるファインプレーを早く見たい。見てみたい。

またテレビドラマの中でも似たような空気が。気にしていることは、知らず知らずキャッチ出来るもんだなといつも思う。

刑務所の看守達が囚人を虐待している。それは看守達が誰にも知られずに独占出来る力で、中の一人の看守はそんな仕事に耐えられず、転職をしようとするが、虐待をばらされるのを恐れた看守達は手に入れた権力を守るために彼を殺害する。

犯罪心理学に「スタンフォード監獄実験」というのがある。恐らくこのドラマもこの実験のことを言っていたんだと思う。

「権力への服従」
強い権力を与えられた人間と力を持たない人間が、狭い空間で常に一緒にいると、次第に理性の歯止めが利かなくなり、暴走してしまう。
「非個人化」
しかも、元々の性格とは関係なく、役割を与えられただけでそのような状態に陥ってしまう。

似たような権力に逆らえないという実験に、「アイヒマン実験」というのもあるらしい。ちょっと調べるとすぐ出てくる。そのくらい普通のことみたいだね。

話が反れるけど、俺は権力を持ったことがない。だからその力によって誰かをねじ伏せるということをしたことがない。手に入れたねじ伏せる力を無くさないように、権力を振りかざしたこともない。

ふと思う。

世の中そんなことばかりじゃないのかと。戦争をテーマにした舞台、歪んだ社会がある刑務所が舞台のテレビドラマ。この時代も環境も違う二つのドラマを見て、余りにも感じることが似ている。世の中は昔も今も何も変わらない構造の中にある。世界平和は声高に叫ばれても、戦争がなかった時代はない。今でもどこかで戦争は繰り広げられている。世界のあちらこちらで、権力者は力の及ぶ人達を戦わせるということで、自分が守られたいのだろう。その結果、全く関係ない普通の人間が巻き込まれる世界。

身近にはお芝居の世界も全くその通りだと思える。

学生時代に同じタイミングでお芝居を始めて、役者を選ぶ者、演出を選ぶ者、音響、照明、大道具、小道具、衣裳、ヘアメイク同じタイミングでやりたいことを決めただけで、そこには権力構造なんかなかったはずなのに、いつからか、演出を選んだ人間は偉い人になってしまう。他の人間と何も変わらない一つのスタッフワークに過ぎないはずなのに、自分の仕事を権力と勘違いして振りかざし始める。そして学校を卒業すると今度はプロデューサーという訳の分からない更に権力を振りかざす人種が現れて突然肩書きを持った知らない人が増えていく。

もう初めに思っていたものとは全く違うものになってしまっているんだろうね。

普通の人間からしたら「知らねーよ」って話。

そう「知らねーよ」なのである。最初に書いた最近見た戦争の舞台でも、一番グッと来たセリフだった。俺を巻き込むな!という気持ち凄く分かる。大きい声でバカ野郎!と怒鳴り付けていたシーンが嬉しかった。

役者は権力とは関係ない。ただ上手くなりたい。どんな役でもやれる技術を付けたい。付けた技術を試せる場所が欲しい。ただそれだけでいい。そこを邪魔される筋合いは誰にもない。

そこを分かってくれる人達とお芝居が出来ている人は幸せになれると思う。上手くなりたい役者を評価出来る権力者に会ってみたいもんだ。偉い人を偉い人とだけ評価して喜んでいる人間がいかに多いことか。

芝居では叶わなかったけど、幸い佐藤には野球の世界で、いつでも野球が上手くなりたいと思っている佐藤を評価してくれる仲間がいるチームに出会えた。チームメイトももちろん上手くなりたい選手ばかり。こんな幸せな話はない。

俺はただ上手くなりたい。出来ることはそれしかないから。何に対してもその思いは変わらない。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。